「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と云へり(福沢諭吉)

福沢諭吉先生

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と誤解されている福沢諭吉の言葉に思う

幕末の一人の名士とも言える、福沢諭吉の最も有名な言葉の一つを取り上げたい。出だしが「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」とあるので、人間はみんな平等である、という間違った解釈が広がっている。しかし、福沢諭吉が言いたかったのはそんなことではない。その後の後段を言いたかったのである。まとめたので、是非ご覧を。

1.「天は人の上にひとを造らず人の下に人を造らず」と云へり

有名なこの言葉は、誤解されて伝わっていることも有名である。一番有名なさわりの部分の言葉はアメリカ独立宣言から取られたといわれる。
福沢諭吉先生の言葉も含めた全文は、少し長いが以下の通り。

「天は人の上に人を造らず,人の下に人を造らず」と云えり。
されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生れながら貴賎上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずして各々安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。
されども今広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや
その次第甚だ明らかなり。実語教に、人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なりとあり。されば賢人と愚人との別は、学ぷと学ばざるとによって出来るものなり

読んだとおりではあるが、あえて現代訳の例を示すと下記の通り。

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている。
人は生まれながら貴賎上下の差別ない。けれども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。その違いは何だろう?
それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。
人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるのだ。

福沢諭吉先生の言葉にあるとおり、『「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』と云へり」とある。すなわち「云へり」(言うが)の後ことが福沢諭吉先生の思いが込められている。

2.学問の重要さを説いた福沢諭吉先生

福沢諭吉先生
福沢諭吉先生

福沢諭吉先生は、当時でもベストセラーとなった「学問のすゝめ」の著者である。広く「学問」の重要性を説いたこの本は、誤解が多いように思う。今回取り上げた言葉も、「人類平等」などという、まったく違った解釈がまかり通っている。

しかし、福沢諭吉は理想論者ではない。徹底的なリアリストであった。学を修めることの重要性を切々と説いている。
そしてそれは、開国間もない明治日本にだけ向けての話ではない。「学問のすゝめ」を読んだ者としての感想は、福沢諭吉先生が言いたかったことは、決して開国間もない日本に限定した話ではない。広く現在にも生きる普遍的は考え方として語っていると思う。

学問のすゝめ」は現在にも生きる名著と思う。ここで取り上げた以外にも、勉強になることが満載である。まんがや分かりやすい本も出ているので、是非、手に取って読むことをお勧めしたい。

まんがでわかる 福沢諭吉『学問のすすめ』 (Business Comic Series)
齋藤孝
あさ出版 (2016-09-08)
売り上げランキング: 9,280
学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
福澤 諭吉
筑摩書房
売り上げランキング: 1,903

3.いくつになっても「学問」を

自分もずいぶん年を重ねた。しかし、「学問」の大切さ、勉強することの重要さは、年を追うごとにむしろ強く思う。
勉強は子供や学生だけがするものとは思えない。むしろ大人になって社会に出たら、なおさら専門あるいは広い知識を持つことが重要であり、またそうした勉強は楽しいと思っている。

福沢諭吉先生がいった「賢人と愚人との別」とまでは思わないが、学を修めることは重要であると思う。そして楽しいものと思う。いくつになっても、福沢諭吉先生のいう「人学ばざれば智なし」という言葉を胸に、楽しみながら勉強をしていきたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017-10-30

「八紘一宇」(はっこういちう)の精神で!

Calendar

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る
TOP
HOME