てつログ

上っていく坂の上の青い天に~

「上って行く坂の上の青い空に~」の全文に思うこと

少し前になるが、2009年からNHKの「スペシャルドラマ」でやっていた、ドラマの「坂の上の雲」から、挙げたい。

1.「上っていく坂の上の青い天に、白い雲が輝いていれば、それのみを見つめて坂を上っていくであろう」

ドラマは13回、3年に渡り続いたもので、左の文が、そのドラマの最初にいつも、渡辺謙氏のナレーションで読まれていたものの抜粋である。
読んだ通りなので、特に言うことはないが、本当に好きな言葉である。「前をのみ見つめながら歩く」という言葉には勇気をもらうし、白い雲があれば「それのみを見つめて、坂を上っていく」という表現の明るさに元気をもらう気がする。
人生いろいろ苦労することも多いが、そんな時にこの文を見返すことも多い。「前をのみ見つめ」という気持ちをもって、日々進んでいきたい。また、目標を天に描いてそこだけを見ていく、というあえての楽観的な気持ちは、大事にしたいと思う。
「坂の上の雲」は司馬遼太郎氏の小説だが、このNHKのドラマは本当に面白かった。これを見てから小説を読んだので、むしろこっちが最初である。NHKの報道ぶりには相当否定的な私だが、このドラマは素晴らしかった。あのスケールと、そうそうたる役者が演じていて、今思い出してももう一度見たいドラマである。

2.「坂の上の雲」の主役たちの実像

坂の上の雲のドラマと当時のエピソードについて、少し触れておきたい。「坂の上の雲」は四国の愛媛の兄弟の物語である。主役は、秋山好古(よしふる:兄)、真之(さねゆき:弟)で、ドラマではそれぞれ、阿部寛氏、本木雅弘氏が演じていた。
主役は秋山真之で、海軍の天才であった。ものすごい勉強家で、今は地政学で有名なアメリカ海軍の戦略家の権威マハンからも直接教えてもらったようである。彼こそが、東郷平八郎の頭脳と言われるほどに、日露戦争で活躍した立役者である。バルチック艦隊を撃破した日本海海戦の時には、37歳。秋山兄弟だけではないが、本当にこの頃は若い人たちが必死になって日本を守るべく、活躍している。

兄弟のもう一人、秋山好古は、阿部寛氏が演じていたが、これがまたはまり役としか言えず素晴らしかった。ドラマを見て小説を読んだ後にもいろいろ調べたが、秋山好古も本当に魅力のある人物である。日本に「騎兵隊」という考えがない当時に騎兵隊をゼロから作ってそれを率い、「日本騎兵の父」ともいわれる。
実際の画像を見て本当にびっくりした。どう見ても外人にしか見えず、また、阿部寛氏がぴったりとも思えた。当時からもかなりの美男子としてもてはやされたそうだが、本人はそういったことには全く耳を貸さず、豪胆・実直な人だったようである。
とにかく大酒のみで、貧乏学生の時に真之と一緒に下宿していた時も、酒だけは一日5合は飲んでいたといわれる。また、逸話も面白い。陸軍大学校で講師のとき、学生から「騎兵とは」と聞かれたときに、窓ガラスを素手で割って見せて、血だらけの手を見せつつ「こういうものだ」と教えたといわれる。騎兵は突破力はあるが、防御が弱いことを説明した。非常に贅沢を嫌い、質素な生活を送っていたようである。
日露戦争はバルチック艦隊を破った日本海海戦ばかりが言われるが、薩摩の大山巌(西郷隆盛のいとこ)率いる日本陸軍は1905年、世界最大の陸軍国ロシアの誇るコサック騎兵を倒したのである。その時の騎兵部隊を率いていたのが、秋山好古で当時47歳。まったく世界が考え付かない作戦を駆使しながら、質・数に勝るロシアとの戦いに勝利している。しかし好古は、戦後も自分の武功を自慢することはなかった。

こうしたエピソードも含めてみると、「前をのみを見つめながら」歩いた先人たちに、勇気と明るさをもらえるように思う。ドラマも小説も面白いので、興味ある方は是非。

4件のコメント

  1. 心に響く、そして鳥肌の立つオープニングでしたね。テーマ曲の「Stand Alone」ともバッチリ!
    その時歴史が動いたの「日本海海戦 参謀 秋山真之 知られざる苦闘」見ました?YouTubeで見れます。必見です。

    1. その時歴史が動いた、見ましたよ。面白かったです。
      また、ドラマも小説も見たくなりますねぇ。

  2. 私はミスチルの終わりなき旅を繰り返し聴きながら、未来だけを見据えて進んできました。元々楽観的で行動的な人間だけど、時にはこう、他者が唱える強い言葉に慰められる時もあります。
    清々しい気持ちになれる文ですね。

    カッコ良い粋で賢く力強い先人達のおかげで今が在りますねぇ。
    現代は、沢山スタッフを見てきましたが女性の方が強かですねぇ。

    1. いい言葉だよね。
      ちなみに、このブログのタイトル画像はこの言葉も意識して選びました。

コメントあれば入力お願いします。メールアドレスは、公開されることはありません。

TOP