歌われない「蛍の光」の全4番の歌詞

蛍の光

歌われない「蛍の光」の全4番まである歌詞を、歌の生まれた明治初期という時代と共に見る

本来「歴史」のカテゴリとして記述したいものではないが、「蛍の光」の歌詞について記述したい。
他国の国歌など、文章はかなり強烈でも愛されるのは、その時の国の状況と思いも含まれているからだと思う。ここでは国歌ではないが「蛍の光」について、記述したい。

1.「蛍の光」の生まれた頃の明治日本

「蛍の光」は卒業式で歌われ、この歌に思い出を持たない人は、いないだろう。歌のメロディはスコットランドの民謡だが、ヨーロッパでも広まりアメリカ大陸でも普及しているようである。日本では、明治10年代に「小学唱歌集」に編集されたときに、稲垣千頴(いながき ちかい)が作詞し「蛍の光」と命名された。明治14年(1881年)に正式に「小学唱歌集」として編纂されている。
それから日本では今も広く愛されて歌われている。

「蛍の光」が日本で生まれた頃といえば、まさに明治の近代化の真っ最中である。明治維新の後期、と言ってもいいと思う。明治10年が西南戦争であり、明治という時代にこそなっているが、まだ「大日本帝国憲法」もできていない。日清戦争・日露戦争はもちろんまだ起こっておらず、まさに、徳川体制からの転換を大急ぎで進めている真っ最中である。西郷隆盛・木戸孝允・大久保利通の維新の功労たちが亡くなり、次の代の、伊藤博文などが必死で近代化を図っていた時代である。

2.「蛍の光」の4番までの完全な歌詞

一般的にその歌詞は2番までは頭に浮かぶと思う。しかし、本来は4番まである歌である。まずは、その歌詞を見てほしい。

蛍の光の4番までの歌詞

蛍の光の4番までの歌詞

意味はいろいろ解釈があるので、あくまで一つの例として見てほしい。
1番、2番は語りつくされているので、ここでは、3番、4番に触れたい。「日本」を意識した歌詞といえる。

【3番の歌詞について】
3番の『筑紫のきわみ』『陸奥の奥』は九州・東北をさす。具体的な地名というより、そういった地方も含めとおくにあっても、という表現であろう。『海山とおく、へだつとも』という表現は、陸地だけでなく海や山で隔たれた諸島である。『その真心はへだてなく』とは、まさに、皆で一緒に、という表現であろう。真心ということばも、へだてなくという言葉も、「日本全体で」という、作詞者の気持ちを表している気がする。

【4番の歌詞について】
4番は北海道、沖縄に触れる。ここで私の好きな表現は『八洲(やしま)のうちの、守りなり』である。日本と直接表現せず、古い言葉を用いている。
八洲(やしま)とは、日本の別表現である。本来は「多くの島からなる国」という意味らしいが、古事記では「本州・九州・四国・淡路・壱岐・対馬・隠岐・佐渡などの「八つの島」の総称と言われ、古くから日本をさす表現の一つとして用いられている。「日本」と直接表現しないところに、日本らしさを感じる。(※ 「古事記」の考え方は非常に広いのでここでは一般的な見解で記述)
『つとめよわがせ、つつがなく』という、最後の句が、現在では物議を出すのであろうか。「つとめよ」は、努力せよ、である。「わがせ(我が背)」とは、女性が男性の背中に対し、「我が友よ、我が夫よ、我が兄弟よ」と励ます際に使っていた表現だそうである。女性たちが、男性たちを叱咤し、協力するような意味といえる。

3.3番・4番の歌詞の表現を見て

さて、こうして3番・4番の歌詞をみてどう思うだろうか。その後この歌詞が使われなくなった歴史も含めて考えると、人によっては「祖国防衛を強要する軍国色が強い」と思うのだろう。今見ても、そう感じる人もいると思う。実際、領土の意識のための歌詞の変更が数回されている。
しかしそう思う人も、感情は抜いて歌詞そのものをもう一度見てほしい。そこには、当時の日本語の表現を巧みに使い、古事記までも使って、豊かに表現されている。また、いかにも日本的と言えるが、表現はすべて、日本と日本人の団結を願う内向きである。「敵」や「侵略者」という表現はまったくない。

「日本」を柔らかく表現しつつ「日本人」として、真心をもってへだてなく、男女一致して団結しよう、という、つつましくも自覚を促す、表現の歌と思う。

4.「蛍の光」作詞時の時代背景と、それを見て

また、この歌が作られた時期を考えたい。明治10年代というと、まだ、西南戦争が終わったばかりである。明治維新の後期ではあるが、つい最近まで徳川幕府があり、明治維新の真っただ中にあった。暗殺も横行し、国がどうなるか全く不透明である。ヨーロッパ列強のアジア植民地化はどんどん進んでいる中で、「日本」が国として単独で生きていけるかどうか、全く不透明の大混乱期である。そんなときに、稲垣 千穎(いながき ちかい)が、古事記などの表現も使いつつ日本を広く優しく表現し、「一致団結してがんばろう」と表した唱歌である。それが明治政府に採用され、全国の尋常小学校の唄の一つになった。

その当時の世界情勢・日本の状況も見たうえで、改めて歌いなおすと、きれいに広く日本を表現し、真心と誇りをもって国と仲間を大切にしようという、当たり前であり大切なことを表現した歌と、個人的には思う。4番まで含めて、いつの時代にも通用する、普遍的な名作と思う。

あえて言えば、ここまで見たうえでではあるが、地名や表現だけを変にあげつらって、これを変に「軍国主義」という人の方が、よっぽど人を信用していない好戦的な人だな、と悲しくなる。

稲垣 千穎(いながき ちかい)の人物像を簡単に紹介したい。
稲垣 千穎(いながき ちかい、1845年- 1913年)は、国学者、教育者、歌人、唱歌作詞者、教科書編集者。東京師範学校教諭として和文教育を行い、多数の和文教科書を編纂したほか、音楽取調掛として、『蛍の光』・『蝶々』2番など多数の唱歌を作詞した。経歴と蛍の光の歌詞をみただけの感想だが、この人も幕末を駆け上った情熱の人だったのかな、と想像する。

5.「蛍の光」の歌詞全体と当時の時代を見て、思うこと

「蛍の光」の歌詞をこのように見ると、違って見えてくる。別れの歌、ではなく、実は力強く日本を表現した歌なんだと、今までとは違った親しみを覚える歌と思えた。
先人たちの気持ちと言葉の表現の豊かさには、驚かされるし感動する。素直に読めば、国と平和を愛する歌以外の何物でもない。そんな先人たちの思いと表現の詰まった「蛍の光」は、現代にも、そしてこれからも、その誕生の時の先人の思いも含めて、4番まで継がれていって欲しいと願う。

関連記事

コメント

    • 岩内
    • 2017年 10月 29日

    蛍の光の3・4番、知らなかったです。平和を願う時代、平和と言われる現在。それぞれの時代での人の心の豊かさ。そもそも「豊か」とは?それは誰にとって?誰のため? 色々と考えさせらますね。いつも素晴らしい情報ありがとうございます。
    「パール判事の日本無罪論」注文しましたよー。もちろん、NT7で(笑

      • てつ
      • 2017年 10月 30日

      3番、4番もきれいですよね。子供にも教えてやりたいいい歌だと思います。批判する連中は、よっぽどあおって戦争したがっているとしか思いないですねぇ。

      こちらこそ、いつも読んでもらっていて、嬉しいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
TOP
HOME