ソフトバンクのCMと白洲次郎から見える背景

ソフトバンクのCMと白洲次郎の功績から見える背景について考える

少し古いがソフトバンクのCMで犬が主役の「白戸家のCM」を取り上げたい。あまりに下らないので書きたいものではないし、ネット上では有名な話ではあるが、あえて取り上げてみた。事実としては知っておくべき内容と思う。是非ご覧を。

1.ソフトバンク(SoftBank)のCMの全容

まずこのときのCMで強烈に違和感があったのは、犬が父親、という設定だった。その犬が有名となり、人気を博したCMとなったようだが、あまり興味の無かった私が気にとめるのだがら、やはりCMとしては効果があったのだろう。

そして、そのCMには朝鮮的な侮蔑ぶべつが大きく入っているという話が言われていた。

SoftBankのCM
SoftBankのCM

犬が家長の家が「白戸家」という名前で、犬の名前が「次郎」で、その妻の役の樋口可南子氏が演じるのは「まさこ」という名前だと聞いたときは、唖然あぜんとした。後述する白洲次郎(しらすじろう)のことを揶揄やゆしていると、すぐにわかった。
しかも、その息子の長男は黒人が演じていて、どうにも意味をいちいち考えないといけないくらい、何かあるように見えた。個人的にはあまり深くは考えていなかったが・・・

「お父さんが犬」「長男が黒人」というのは、朝鮮的な発想から言えば、相当差別的なものである。まず向こうでは、「犬」は侮蔑ぶべつ的表現に使われる。韓国語で「ケッセキ」という言葉があるらしく、最大限の侮蔑言葉で意味としては「犬の子」らしい。そして韓国社会での黒人差別はかなり根強い。その「犬の子」の長男が黒人、というのは、完全に一家そのものが馬鹿にした設定ということになる。朝鮮人が見ればすぐにその意図が伝わるらしい。
そして、父と長男という日本の伝統的価値観で最も重要な役割の二人を馬鹿にしたものという設定になる。

さらに、今は解散したがアイドルグループのSMAPがCMを務めたときの設定も、言われてみて初めて気づいたがひどい物である。覚えている人も多いと思うが、SMAPが宣伝をした後に出てくる場所が、その侮蔑ぶべつしている犬の肛門からというアングルになっている。

SoftBankのCMのSMAPバージョン
SoftBankのCMのSMAPバージョン

「言われてみれば」ではあるが、あまりに下らないとはいえ、そう言われるとそう見える。ちなみに「COME ON」というフレーズは、「肛門」とかけているとまでの説があるが・・・。
正直、あまりに下らなさすぎて、聞いたときもただただ呆れるのと、こういうやり方をすることに対する怒りとその姿勢に疑念が沸いた。

なお一応述べておくと、ソフトバンクのカリスマ経営者である孫正義(そんまさよし)氏は、在日韓国人の2世で、日本国籍を持つ日本人である。

2.白洲次郎(しらすじろう)という人物

白洲次郎(しらすじろう)氏について記述したい。白洲次郎は、戦後にGHQとの交渉に対応した人である。戦後はいろいろな会社を経営したので「実業家」といわれる。若い頃(小・中学校)の時には有名な暴れん坊で、それがイギリスのケンブリッジ大学に留学したのが17歳の時で、大正8年(1919年)である。

特に憲法の成立過程において、当時の首相の吉田茂と共に、GHQと堂々と渡り合った人である。GHQに対して主張すべきは堂々と主張した。当時のGHQの要人曰く「純情ならざる唯一の日本人」と言われるほどであった。

白洲次郎氏
白洲次郎氏

逸話がある。
昭和天皇からダグラス・マッカーサーに対するクリスマスプレゼントを届けた時に「その辺にでも置いてくれ」とプレゼントがぞんざいに扱われたために激怒して「仮にも天皇陛下からの贈り物をその辺に置けとは何事か!」と、持ち帰ろうとしてマッカーサーを慌てさせたといわれる。

特に憲法成立の過程での白洲次郎の活躍は、あまり語られないが特筆すべきものがある。憲法草案を即席で作った責任者の一人の民政局長のコートニー・ホイットニーが嫌みを込めて「君の英語は上手じゃないか」と言ったのに対して「If you study a little harder, you will improve your English.(あなたももう少し勉強すれば上手くなる)」と答えたという。

白洲次郎の姿勢は、彼の「語録」として伝わる言葉を見れば見えてくる。

・「我々は戦争に負けたが、奴隷になったのではない」
・「この憲法は占領軍によって強制されたものであると明示すべきであった」
・「人に好かれようと思って仕事をするな。むしろ、半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと良い仕事は出来ない。」
・(夫婦円満の秘訣を聞かれて)「一緒に居ないことだよ」

妻の正子(まさこ)氏は、この破天荒な夫をよく支え、有名なおしどり夫婦で知られている。

この白洲次郎が朝鮮半島と関わった仕事といえば、戦後の在日朝鮮人の朝鮮半島への帰国を進めようとしていたことだった。吉田茂首相と共に進めようとしたこの活動であったが、なかなか国策としてまでは出来なかった。当時、吉田茂首相の時に首相官邸が襲撃されたほどである。

Porche(ポルシェ)をこよなく愛し、「プリンシプル(原理・原則)」という言葉を好みよく使った。「今の日本にはプリンシプルがない」と嘆きつつ、自分の「原理」は貫いた信念の人であった。その生前の文書を集めた本が「プリンシプルのない日本」である。興味のある人は是非。

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)
白洲 次郎
新潮社
売り上げランキング: 6,269

3.喜ぶ韓国人と意識すらしない日本人

白洲次郎を知っている人なら、あのCMを見てその名前等を知ったときに相当な違和感を感じたと思う。私は犬が「侮蔑ぶべつ的」とは思っていなかったのであまり気にもしなかったが、韓国や朝鮮半島の事を知れば知るほど、そうした事実が見えてきて、怒りと共に「こんなことをして嬉しいのか」と隣国に対するむなしさを覚えた。
ネットの情報ではあるが、韓国人がこのCMを見ればメッセージを理解するという。実際、それを見て喜んでいるという話がある。

 もちろん韓国ではなく日本企業がやったことであり、韓国人全員がそんな人だとも思っていない。ただ、いろいろいな歴史を見てくると、こうした子供じみたとも思える行為の積み重ねが、日本と半島との歴史に大きく影響していることに気づく。

日本人として、白洲次郎を特定して馬鹿にしているのは許せないが、正直なところ、こんなんことして何が楽しいのか、と全く理解に苦しむというのが私の感覚である。いわゆる「侮日(ぶにち)」(日本を「侮蔑ぶべつ」する)という事の一環とも言えるかも知れないが、あまりに品がない。しかし、当初はなにも意識もせず、「変わった構成のCMだな」くらいの印象しかなかった。実際、このCMの評判はそれほど悪い物ではなかった。むしろ人気があった方である。

少なくとも、私のソフトバンクという企業に対する印象は、決定的に悪くなったことだけは間違いない。当然、私はソフトバンクのスマフォを使う気にはなれなかった。

4.現在の韓国・北朝鮮の状況と照らして見る「プロパガンダ」

あくまでこれは日本企業が行ったことである。「朝鮮的」というだけで、韓国や北朝鮮が行ったわけではない。そこがまた深刻と思う。陰に陽に日本そのものあるいは日本の過去を否定し、日本人に罪の意識を植え付けていくのは、彼らの常套手段である。
しかもそれを日本の企業が行っているというのでは、救いようがない。ソフトバンクは企業として行っていて止めようがないが、こうした企業であることの認識をすることは重要と思う。そしてこうした企業が既に日本に大きく入っていることを、しっかり知ることである。

日本という国の隣国の三ヶ国(韓国・北朝鮮・中国)はこうした子供じみた侮蔑も含めた情報戦を仕掛けてくる国々であることを、しっかり認識した上で現在を見ていかないといけない。そしてそれが、日本の一部の企業にも浸透していることを知ることは重要である。
侮蔑ぶべつであろうと嘘であろうと、日本をおとしめるために手段を選ばない。日本と日本人を無力化していくことが、彼らの目的であり利益なのである。
これこそが、情報で国を誘導する「プロバガンダ」そのものである。そういう国々との付き合いをしなければいけないことを、深く認識しないといけない。このCMとその背景を見ても、改めて下らなさと同時にその戦略の認識をすべきと思う。

関連記事

コメント

    • ゆうじ
    • 2019年 2月 25日

    ソフトバンクCMの話、知らなかった…あまりに露骨でそこまで考えているのかとさえ思いました。
    白洲次郎はウチの営業本部長も、尊敬する人物に挙げてましたよ。確かに惹かれる人ですね。

      • てつ
      • 2019年 2月 25日

      必ずしも日本を侮辱するだけが目的ではないでしょうが、明確な意図を持ってやったことだけは間違いないでしょうな。
      隣のお国のやり方で・・・。

      逆にこれのお陰で白洲次郎が有名になればいいですね。それくらい魅力的な人です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Calendar

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る
TOP
HOME