YouTubeでも!

China(中国)のつける名前は嘘だらけ!

China(中国)のつけた名前は、見事に事実と異なる嘘ばかり!「名前」にだまされないようにしよう!

名前は大切と思う。その名前の付け方によって印象が大きく変わる。それを利用して、まったく事実をねじ曲げるあるいは隠している国がある。Chinaが名付ける「実態とかけ離れた『名前』」について考えた。是非、ご覧を。

1.China(中国)のつけた「名前」は「嘘」というより「真逆」ばかり!

「名は体を表わす」という言葉は、日本人には深く染みついていると思う。しかし、China(支那:中国)では、どうやらそれはむしろ逆なようである。「名は体を隠すための物」と認識しているようである。それを見ていきたい。

China(中国)には、うんざりである。嘘ばかりで塗り固め、金のことにしか興味がない上に、日本や世界を「支配する」というとんでもない構想を本気で持っている。無法者国家と言って間違いない。

その一端を示すのが「名前の付け方」と思う。見るたびに、本当に気分が悪くなる。また、その「名前」を日本人が堂々と使ってしまっている姿は、あまりに悲しい。

2.China(支那)がらみの、実態と真逆の「名前」の数々!

「納得いかないChinaがらみの名前」ということで、挙げてみた。
下記の表を見てほしい。

嘘だらけのChinaの「名前」①
嘘だらけのChinaの「名前」①
嘘だらけのChinaの「名前」②
嘘だらけのChinaの「名前」②

思いつくだけで挙げてみたが、とにかくChina(中国)の「言葉」に信憑性がゼロであり、むしろ事実はその「言葉」の真逆というのが実態である。

個人的には「中国」という名前が最も許せない

日本古来の「中国(なかつくに)」があるのを知っていて、戦争で弱った日本に対して「中国」を強要してきた。日本が昔から使ってきた「支那(しな)」には、なんの差別意識もない。しかし、お得意の情報戦でそれを「差別語」とすりかえ「中国」と呼ぶことを強要した。許せない暴挙である。
日本人としての維持として、できるだけ使わないようにしている。Chinaとか支那(しな)とか言うことを心がけている。
詳しくは、「➡現在のChinaを指す「中国」という名前の真実と、本来の日本の「中国」」を参照して欲しい。

3.コロナは「武漢コロナ」あるいは「武漢カゼ」のはず!

いつから、大きな伝染病に名前を付けなくなったんだ?
「香港カゼ」「日本脳炎」「水俣病」「スペイン風邪」、どれも地名がその病気の名前となった。だからといってその地方を蔑視するわけではないが、「発祥の場所」として認識しやすかった。

今回のコロナは、明らかに「武漢コロナ」である。そしてそれを言えなくしたのは、WHOの前事務総長のマーガレット・チャン氏である。Chinese(中国人)であることから、その目的が見えてくる。ここでも、Chinaという国は、姑息な考えで「名前」を変えてくる事実が見える。

4.「名前」は重要!China(支那)の付ける名前は「逆の意味」と捉えよう!

特に、China批判のつもりはなかったが、考えれば考えるほど、China(支那)があまりにひどいやり方をしているため、こうしたまとめとなった。

とにかく、日本人としては、「名前」にだまされないようにして、事実を見られるようになりたい。そしてできる限り「名前」は正しく使いたい。「コロナ」ではなく「武漢コロナ」であり、「中国」は日本の「中国地方」あるいは「中つ国」である!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

購読フォロー

メールアドレスを記入して購読登録をすれば、新規記事をメールで受信できます。登録解除も受信メールから簡単に出来ます。興味あれば、是非ご登録ください!

Calendar

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る
TOP