「遠き慮(おもんばか)りなければ、必ず近き憂(うれ)いあり(論語)」に思うこと

富士の日の出

「遠き慮(おもんばか)りなければ、必ず近き憂(うれ)いあり(論語)」に思うこと。

論語の一節を取り上げる。

論語 遠き慮りなければ
論語 遠き慮りなければ

左が原文と書き下し文である。読んで字のごとくではあるが、訳文例は下記の通り。

「遠いところまで見通して対策を考えておかないと、近いところで足元をすくわれることになる」

この言葉も私にとって、何かの行動、決断をするときに必ず意識する言葉の一つである。自分の人生において、今を考えることも重要だが、やはり常に5年後、10年後を意識した行動を心がけたい。日々の忙しさの中で、「遠き」を「慮(おもんばか)る」ことがなかなかできない世の中ではある。しかし、大人になった今も常に自分の先をそれなりに意識して、行動していきたい。
仕事でも同様と思う。目の前の仕事を片付けることばかりをしていては、ロボットと同じになってしまう。今のままでいいのか、半年後・一年後はどうありたいのか、そんなことを考えると、仕事の見え方も変わってくると思う。

具体的に、「遠きを慮(おもんばか)る」とは何か。人それぞれとは思うが、師走となった今の時期でいうならば、一年を振り返ることと来年を思うこと、のように思う。自分は一年何をしてきたか、そして来年はどんな一年にしていくのか、そんなことを考えることが、一番素朴なところではあるが、大事にしたいと思うことでもある。
一年を「遠き」とするには短いと思う人も居ると思う。もちろん一年に限らず、「長い計画」を立てることもあると思う。しかし、やはり「一年」あっての「長い計画」のように思う。「一年」を振り返り「次の一年」を計画する、それがまず行える「遠きを慮(おもんばか)る」ということ、と自分は理解している。

富士の日の出
富士の日の出

足元を見ることも重要と思うが、足元「ばかり」を見ていては全体が見えない。最初から「遠き」を意識した上での「足元」であるべきで、そのように時間を使っていきたいと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017-10-30

「八紘一宇」(はっこういちう)の精神で!

Calendar

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る
TOP
HOME